トップ

憧れのマイホームで子育てを

子育てする為に不動産を建てよう

不動産を建てる時期とは

子育て世代こそ、マイホームを不動産会社で建てることを検討してみてはどうでしょうか。20代30代で子どもを育てている頃というのは出費もかさみますし、収入が少ない、頭金にできる貯金もそれ程ない頃ではあります。それでもこの子育て世代にマイホームを建てることをおすすめする理由があります。

生まれてきた子どもを育てる上で、賃貸などの狭い空間では周りの住人に気を使うことも多くなりますし、遊びたい盛りの子どもにガマンをさせてばかりになってしまいます。その点マイホームなら気にせずに思う存分遊びまわることが出来ます。

結婚したばかりの時よりも、子どもが実際に生まれてからの方が子育てを中心に考えた家を設計しやすいというのもポイントです。妊娠出産を終えて家族構成が決まったなら間取りも決めやすいでしょう。子どもを育てていく環境や通わせる幼稚園や小学校なども考慮しながら立地を選ぶことを考えると、子どもが小学校に入学する頃の子育て世代がマイホームを建てるのはベストなタイミングと言えます。

家を新築する時はローンを組むというのが一般的です。住宅ローンというと、一般的に30年、35年の長期に渡ることが当たり前になっています。支払いが終わる頃から逆算すれば、自ずとマイホームを建てるタイミングは決まってきます。いつ定年を迎えるかにもよりますが、健康な体で働き続けることを前提にしたとしても返済リミットは60歳と考えるべきでしょう。つまり30年ローンを組むなら30歳、育児が少し落ち着いてきて将来設計がたつ40歳なら20年ローンということです。

年収が低いとローンを組める限度額も低くはなってしまいますが、年収が上がるのを待っていては払い終えるのも遅くなってしまいます。頭金をある程度準備できていて、年収が徐々にでも上がってきているならマイホームを建てることを検討しても良いでしょう。

Copyright © 子育てする為に不動産を建てよう. All rights reserved.